五輪カーリング 

2010年02月23日
五輪カーリング 3勝3敗で準決勝へ、 正念場 (2月22日)

21日 カーリング女子日本代表は、午前にロシア相手に6点差を逆転して3勝目を挙げた(世界ランキングで格上)夜はドイツに競り負け(格下)3敗目

本橋麻里
(前回トリノ五輪の出場経験者)はとコメントした。勝負のドイツ戦だったが、惜しくも敗れた。

ロシア
戦では、前半0−6の劣勢から追いつき、延長戦にもつれ込んだ。
司令塔のスキップ目黒の最終投で、敵味方のストーン(石)の間を縫って絶妙なコースをぬけ、相手ストーンをはじき出してハウスの中央へ・・・
阿部晋也監督
が、記憶にないという会心の逆転劇と語った。

しかし、ドイツ戦では、ミスが目立ちする格好となった。第2エンド0−0で迎えた、本橋の第2投は、相手のストーンを狙いながら、かすりもせずにハウスを通り抜けた。立て直せないまま、第10エンド、目黒の、おしい一投が悔やまれる!

カナダ、スウェーデン、中国
が3強で、日本を含む7チームは、ほぼ横一線状態。上位4チームが準決勝に進むが、次回、日本は3連勝中のスイスと対戦する。クリスタルジャパンは、このスイス戦が悲願のメダルを獲得するための大きな正念場を迎える事になった。
 、、  
 | HOME |