宮里藍 日本人初の開幕2連勝

2010年03月02日
宮里藍 日本人初の開幕2連勝


宮里藍
が米女子ツアー開幕2連勝を成し遂げた。44年ぶり(5人目)HSBC女子チャンピオンズ最終日(28日)、タナメラCC(シンガポール)で最終ラウンドが行われ、首位スタートした宮里藍は7バーディー、4ボギーの69で回り、通算10アンダー。

クリスティ・カー
ら強豪選手の追い上げを振り切り、伝説的な選手たちと肩を並べる快挙を達成。日本に帰ってきた宮里は、日本女子ツアー開幕戦となるダイキンオーキッド・レディース(沖縄・琉球GC)に出場予。、地元で3週連続優勝に挑む。

ゲーム内容は、11番で6メートル、12番で12メートル、13番で5メートルのパットを沈めて3連続バーディー。2位と2打差の首位で迎えた最終ホール、宮里優勝はほぼ決まった。

"宮里談"

 開幕から2連勝できたのは予想もしなかった好スタートだが、立ち止まってはいられない。気持ちを切り替えて、勝ち続けることが大切とコメントした。


 | HOME |