間寛平 過酷なアースマラソン ついにゴ〜ル♪

2011年01月22日
間寛平 過酷なアースマラソン ついにゴ〜ル♪

2008年12月17日「なんばグランド花月」から始まった人気お
笑いタレント間寛平(61)のアースマラソンが、1月21日大阪
城野外音楽堂(大阪市中央区)でついにゴールインした。

4万キロ超に及ぶ寛平にとって、もっとも過酷なマラソンは
約2年で、無事に幕を閉じた!

これは、寛平をサポートし続けた家族にとっても、吉本興業
の明石家さんま(55)・島田紳助(54)らの仲間にとっても、
またファンにとっても本当に嬉しいゴールだ。

1年前トルコで前立腺がんが見つかった時にはアースマラソン
もここで終了と思われたが、一時中断して放射線治療を受け、
復帰を果たした。

寛平は、「ありがとう!ただいま帰って来ました!俺は本当
に幸せモンや!アーメマー!」と叫び、大阪城野外音楽堂に
集まった人達と無事ゴール出来た喜びを噛みしめた。

芸能活動は、1月24日「痛快!明石家電視台」(毎日放送)の
収録から再開するようだ(?)

寛平には、のんびり休養し、美味しいものでも食べて、十分
に体力を回復して多くの寛平ファンに、おなじみのギャグを
披露してもらいたい。

寛平ちゃん 本当にお疲れ様♪

間寛平 前立腺がん

2010年04月16日
間寛平がアースマラソンを一時中断する。

間寛平
がアースマラソンを一時中断して前立腺がん放射線治療を米サンフランシスコで受ける。

は地球一周企画アースマラソンに挑戦中だが、現在のホルモン療法から放射線治療を受けるため一時中断した。

これは病状の悪化したのではなく、より最善は方法である放射線治療を選択したとの事。

寛平
本人達と各医師達との協議のうえ決定した。

治療期間は約2か月、治療場所はカリフォルニア大学サンフランシスコ校がんセンターで篠原克人教授が担当することに決定した。

 | HOME |