東幹久&的場浩司 6代目助さん・格さんに!

2010年05月16日
東幹久&的場浩司 6代目助さん・格さんに!


東幹久と的場浩司が、人気時代劇「水戸黄門」(TBS)で助さん・格さんに扮することが分かった。

「水戸黄門」は、現在第41部を放送中だが、この秋スタートする第42部から、助さんこと佐々木助三郎を東が、格さんこと渥美格之進を的場が、演じる。

助さん・格さんと言えば、現在出演中の原田龍二・合田雅吏に代表されるよう、イケメンが演じてきた。

しかし、東といえば、バリバリの渋谷っ子で、二枚目としてトレンディドラマにも数多く出演した。

その後2000年に松島菜々子(俳優反町隆史夫人)と共演した「やまとなでしこ」(フジテレビ)の東十条司役が評判となり、2枚目半として、ドラマ・バラエティとひっぱりだこだ。

また、的場も、素人時代「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」(日本テレビ)の暴走族企画に出演後、「ママハハブギ」(TBS)「素顔のままで」(フジテレビ)などのトレンディドラマで活躍した。

現在は船越栄一郎(2時間ドラマの帝王)と共演する「その男、副所長」シリーズ(テレビ朝日)の記者役がいい味を出している。

しかし、あの眼光するどいイメージとは違い、大のスイーツ通という意外な一面でも数多くのバラエティに出演している。

そんな東と的場が演じる6代目助さん・格さんはいままでと違ったインパクトのある存在として、新しいファン層を獲得するのでは?



 | HOME |