パンクブーブー M-1グランプリ

2009年12月21日
漫才コンビNo.1を決める『M-1グランプリ2009』が、東京・六本木のテレビ朝日で20日行わた、決勝戦初出場のパンクブーブーが満場一致で優勝。3組で争われた最終決戦は笑い飯、パンクブーブー、NON STYLEで決勝戦。大会委員長、島田紳助は楽な審査だったと語る。史上最多のエントリーとなった4629組を制し、審査員全票を獲得する完全勝利。パンクブーブー9代目M-1王者となり賞金1000万円を獲得した。(出場権利は結成10年以内)

審査員は島田紳助(委員長)、松本人志、上沼恵美子、渡辺正行、オール巨人、中田カウス、東国原英夫宮崎県知事担当した。司会は今田耕司、上戸彩。

進出者は、今年はナイツ、南海キャンディーズ、東京ダイナマイト、ハリセンボン、笑い飯、ハライチ、モンスターエンジン、パンクブーブー敗者復活戦からはNON STYLE、計9組で争われた。

   決勝戦順位
1位:パンクブーブー  
2位:笑い飯  3位:NON STYLE  4位:ナイツ  5位:ハライチ
6位:東京ダイナマイト 7位:モンスターエンジン  8位:南海キャンディーズ 9位:ハリセンボン

 | HOME |