寺島しのぶ 銀熊賞『キャタピラー』舞台あいさつ!

2010年08月15日
寺島しのぶ 銀熊賞『キャタピラー』舞台あいさつ!


寺島しのぶ(歌舞伎役者尾上菊五郎と女優富司純子の娘)の、ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀女優賞)の受賞作品『キャタピラー』が8月14日初日を迎え、いよいよ日本でお披露目となった。


『キャタピラー』は、戦争で両手両足を失った帰還兵と妻の生活を通じて、若松孝二監督が「正義のための戦争が、どこにあるのか!」と、問いかける反戦映画だ。

舞台あいさつに登場した寺島は、涙を浮かべて、「これだけ思い入れが強い作品になったのは一生の思い出。感謝の気持ちでいっぱいです」と語った。

寺島は、2007年に結婚した夫ローラン・グナシア(フランス人アートディレクター)が、見守る中「『この映画が世界で認められたのは偉大なこと。本当に凄いことで、そんな奥さんを持てて幸せ』と言ってもらいました」と、アツアツぶりを見せつけた。

公私ともに充実している寺島が、今度は、どんな女性を演じてくれるか、楽しみだ。
 | HOME |